風が吹けば桶屋が儲かり、どこでもドアが有れば当店は無くなる

今日も良いお天気ですよ、みなさん。

明日(仕事)の事なんて考えず

泡盛飲みませんか

いや、熊本のお酒を飲みませんか

(只今、熊本焼酎グラス380円フェア開催中!)

いつもお世話になっております。 新札幌沖縄居酒屋業界に住む、甘い囁きをさえずる悪魔。

狸の気ばらし 山田です。

さて、昨日は今年の9月に石垣島に行くお客様のリクエストで、

お粗末ながら、三線を弾いて唄わさせて頂きました。

他のお客様も参加して、10名様以上に対して

何曲か唄いましたが、

改めてプロの方々の力量とやらに感服致します。

当店でも、不定期ですがプロの方が来てライブをします。

是非とも生で見て聴いていただきたいです。 直近では、7月1日(金)にライブ予定です。

詳細は後日、お知らせします。唄三線ライブとなります。

気になる方は、当店まで直接お問合せ下さい。

ところで、昨日は、スタッフさんとお客様がご来店されるまで 「どこでもドア」が如何に危険な存在か

を熱く語りました。(仕事しろ)

僕個人のSNSでも、過去に大学の後輩と論じ合いましたが、

「どこでもドア」が存在すれば、

1 交通機関が不要となり、それに関連する雇用機会が無くなる

 →経済がとんでもなく落ち込み、失業者が溢れ、治安が悪化

2 移動が一瞬で済むため、商品価値が最安値で統一される

 →生産者と消費者が直接やり取りが出来るようになる

 →付加価値をつけて商品を販売することが出来ないため、

  生産者と消費者の間にある、問屋・商店が不要に。

 →現状、経済の主な産業である第三次産業が縮小

 →経済がとんでもなく落ち込み、失業者が溢れ、治安が悪化

3 犯罪の検挙率が低下

 →空き巣が簡単。プライベート覗き放題。誘拐も楽勝。   殺人も、さらってエベレストの頂上に置いておけば終了。

 →軍事行動・テロ活動も同様。

 →治安どころの話じゃなくなる。

世界を滅ぼす、ひみつ道具ですね

あと、ウチみたいな新札幌でやる沖縄居酒屋なんてのも

一瞬で無くなりますね。

沖縄料理が喰いてぇ、泡盛飲みてぇ、ってなったら、すぐに沖縄に行けますもの

「どこでもドア」が無くて良かった・・・。

と思います(あったら、飲食どころの騒ぎじゃないでしょ)

しかし、7月に沖縄に行く僕としては、

旅費・時間・労力・お店を休みにする期間で想定される売上

それを考えると

どこでもドアを出して~

ド●えもん~!!!

とも思う身勝手な自分です。

さて、本日も席が空いております。

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

アクセス:

〒004-0053

北海道札幌市厚別区厚別中央3条5丁目2-12

 

@2010 沖縄居酒屋 狸の気ばらし