その優しさは刃のように

いつもお世話になっております。

狸の気ばらし 山田です。

今日、外出する際に遭遇した幼い姉妹の子どもたちに

諸手を挙げて歓迎されました。

二人とも、もの凄くいい笑顔でした。

可愛いですね。

しかし、僕が 「ありがとう!こんにちは~!」

と言うと、姉妹揃って笑顔で

「バイバイ~!!」

を連呼され、

視界から消えろ、このおっさん!

という意味なのか・・・?

と思い煩う昼下がりです。

皆さん、お元気ですか。

さて、僕が20代の頃、友人の子供を抱っこしたら

下のような顔をされました。

なに、この人外のモノと接触したような顔

まぁ、僕が25歳くらいの時ですか。

我ながら外見の進捗状況は、凄まじいです。

しかも、その後

この友人の子供が僕の顔を見ながら

吐きました

幼女ながらに、危機感を抱いたのでしょう。

抱っこしただけなのに、この罪悪感。

この子の両親から、僕に優しいフォローがありましたが、

その優しさが僕を傷つける

この一連の流れが、彼女に悪いオトコに対して拒否反応を植え付け、

オトナになった時に、良き伴侶を見つけて幸せになれるのならば、

この傷は無駄ではなかった。

そう思います。

さて、本日もそんな生傷だらけのハートをおくびにも出さない元気いっぱいな店長です。

その笑顔に涙があったとしても、

何も言わないでください。

それでは皆様のご来店をお待ちしております!

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

アクセス:

〒004-0053

北海道札幌市厚別区厚別中央3条5丁目2-12

 

@2010 沖縄居酒屋 狸の気ばらし